電子カルテを導入してスタッフの仕事を減らそう

婦人

フージビリティスタディ

握手

リスクを最小限に減らす

インドネシアへの海外進出をする上で、欠かせないのがコンサルティング会社を通じてのフージビリティスタディです。日本国内の企業とは異なり、現地の資源や生産能力、法規制などありとあらゆる面からの調査が必要となるからです。この調査をきちんとしておかないと、せっかくの海外進出も採算が取れずに失敗に終わるという事になるかもしれません。特に気になのは税制面でしょう。例えば日本では消費税という付加価値税が広く知られています。インドネシアではそれに相当するものがありますが、日本のように税率が一律ではありません。また日本では課税対象とならないサービス等に対しても、税金が加算されることも多く、このあたりはコンサルティング会社に詳細を聞くことが重要です。例として、社内で要らなくなった備品を社員に譲り渡すときにも、商品自体が無償であるのにもかかわらず付加価値税はかかってきます。当然、経理上では税を納税した処理をする必要があり、自らが税を負担しなければならないとも言えるのです。その他にも、インドネシア国内では、管轄する税務署が異なる場合、本支店間であっても物品の引き渡しが行われた場合課税対象となることがあります。このような税制は現地のコンサルティング会社を通じないとわからないことも多いのが現状です。インドネシアでは納税期限についても、確定申告だけでなく予納税やみなし税、前払い税など細かく規制されており、知らずに対処すると余分に課税されることにもつながります。このようにフージビリティスタディから進出後の支援までトータル的にサポートを受けられるのが現地コンサルティング会社なのです。