電子カルテを導入してスタッフの仕事を減らそう

婦人

中小企業が会社を売る場合

ビル

株式譲渡が選ばれる理由

中小企業で会社売却するケースで多いのが後継者不足です。会社売却のメリットは企業が育て上げてきた色々な技術を次の企業に引き継げることです。会社売却をしない場合は事業を全てたたむことになりますが、それでは技術も途絶えてしまいます。また会社売却には、働いている従業員を次の企業にそのまま雇ってもらえるというメリットもあります。事業をたたんでしまうと従業員は失業してしまうのです。この2つのメリットがあるので、多くの中小企業は会社売却という方法を選びます。会社売却にはいくつかの方法があります。合併、株式交換、会社分割などですが、中小企業が最も利用する方法が株式譲渡です。株式譲渡というのはオーナーが保有している株式の全てを相手の企業に売却する方法です。なぜこの方法が選ばれるかというと、簡単だからです。株式譲渡という方法をとれば、売却する会社のオーナーには株式を売ったお金が入ってきます。それによって売却後の生活を支えることができるというメリットがあります。ただしこのような方法で会社売却をするためには、経営状態が順調である必要があります。もしも多額の負債などを抱えている場合は、それを整理しないと売却ができないのです。なぜなら買い手の企業が負債がある企業を買収すると負債まで背負い込むことになるからです。このような会社売却をスムーズに行うためには、専門のM&Aコンサルタント会社を利用します。このようなコンサルタント会社には合併や買収希望の会社がたくさん登録しており、売却先が見つけやすいのです。