電子カルテを導入してスタッフの仕事を減らそう

男性

中小企業が会社を売る場合

中小企業が会社売却するのは後継者不足のケースです。いくつかの方法がありますが、最も利用されるのが株式譲渡です。簡単に売却が進みますし、オーナーには株式を売った資金が入ってきます。また技術や従業員を次の企業に引き継ぐことができます。ただし経営状態が健全で負債がないのが条件です。M&A会社に委託します。

フージビリティスタディ

握手

インドネシアに海外進出を目指すのであれば、様々な調査を行うフージビリティスタディが欠かせません。現地のコンサルティング会社を通じて行うことでリスクを減らすことが出来ます。特に税制面では日本国内と異なることも多く、詳しく知っておくことが大切です。余分な課税とならないようサポートを受けておきましょう。

カルテもデジタルの時代

ナース

院内業務の効率化に貢献

ビジネスの現場におけるIT化はあらゆる業種に及んでいますが、医療の世界でも事情は変わりません。すでに窓口での会計システムやレセプトシステムは、かなりの医療機関が電算化を実現しています。そんな中、最近では医療情報の中核とも言えるカルテについても電子化が進んでいます。これを電子カルテといいます。電子カルテは、診療の経過や投薬の内容などを紙のカルテに記入する代わりに、情報端末から入力することによってデジタルデータとして管理するシステムです。電子カルテには、導入することによって内容が読みやすくなる、紙と違って収納スペースが不要になるなどの物理的なメリットがあります。しかし最大のメリットは、医療情報がデータベース化され、さまざまな目的に活用しやすくなるという点にあります。たとえば、電子カルテは情報共有の効率化に使えます。1人の患者が複数の診療科を受診した場合、紙のカルテだとコピーを回付するなどしなければ他科での経過を知ることができませんが、電子カルテであればそれぞれの端末から同じデータにアクセスできるため、情報を容易にチェックすることが可能です。また、検索能力も向上します。特定の疾病や薬剤に係るデータを取りまとめる時でも、該当事例を抽出するスピードが紙のカルテを1枚ずつめくるよりも大幅にアップします。さらに、関連する他のシステムと連動して使うこともできます。たとえば冒頭に掲げた会計システムと連動すれば、窓口業務を効率化できます。診断書や紹介状などの文書作成も、テンプレートを利用して簡単に行えるようになります。

海外進出をするには

工場

今、大阪の企業で注目されているのが海外の貸工場です。海外進出をしたい、でもまずは貸工場でやっていけるか試したいという企業に人気があります。さらに海外に詳しいマネジメント会社と提携をする事でスムーズに、すぐに海外で事業を始める事ができます。